1964年に、科博に日本で初めてのアロサウルスの全身骨格が展示されて以来、各地の博物館で恐竜を見ることができるようになりました。最近では、地元から産出した恐竜化石を展示する博物館が増えてきています。
恐竜に会える博物館日本編
国立科学博物館
アパトサウルス ティラノサウルス トリケラトプス タルボサウルス マイアサウラ
群馬県立自然史博物館
カマラサウルス マメンチサウルス ブラキオサウルス ガリミムス
茨城県自然博物館
ヌオエロサウルス ティラノサウルス ユーオポロケファルス ランベオサウルス
福井県立恐竜博物館
フクイラプトル フクイサウルス ティラノサウルス カスモサウルス 他多数
アロサウルス イグアノドン ヒプシロフォドン デイノニクス 荘川村産足跡化石
ティラノサウルス トリケラトプス アナトサウルス
丹波竜のクリーニングラボが開設されました。
御所浦産の恐竜化石 ステゴサウルス タルボサウルス パキケファロサウルス
アロサウルス ティラノサウルス カマラサウルス トリケラトプス
アロサウルス ステゴサウルス トリケラトプス マチカネワニ
御船産の恐竜化石 アロサウルス カスモサウルス エオラプトル デイノニクス
ヴェロキラプトルとプロトケラトプスの格闘化石 タルボサウルス サイカニア 
東海大学自然史博物館
タルボサウルス ディプロドクス トリケラトプス プロトケラトプス
ニッポノサウルス パラサウロロフス
ティラノサウルス プロトケラトプス カンプトサウルス タキカワカイギュウ
穂別産クビナガリュウ、モササウルスの化石 ホベツアラキリュウ
中川産クビナガリュウ
ウタツサウルス ステゴサウルス
フタバスズキリュウ マメンチサウルス
アロサウルス ステゴサウルス ティラノサウルス ステノプテリギウス
エドモントサウルス チンタオサウルス ディプロドクス ティラノサウルス
アロサウルス カンプトサウルス
タルボサウルス マイアサウラジオラマ劇場 トキ
アロサウルス 大山町産恐竜足跡化石 
カガリュウ シマリュウ ハクサンリュウ ディプロドクス
アロサウルス エゾミカサリュウ ノドサウルス 北海道産翼竜
タルボサウルス サウロロフス アロサウルス
カマラサウルス
ステゴサウルス カマラサウルス
アロサウルス カンプトサウルス
モシリュウ マメンチサウルス マイアサウラ デイノニクス
アロサウルス ステゴサウルス イクチオサウルス
ティラノサウルス ティラノサウルス アパトサウルス 徳島産イグアノドン
ユーオプロケファルス アロサウルス ティラノサウルス カマラサウルス
ティラノサウルス イクチオサウルス プロトケラトプス
マプサウルス 恐竜展などのイベント会場として使用されます
イクチオサウルス エディアカラ生物群化石  バージェス動物群化石  澄江動物群化石
エドモントサウルス ニクトサウルス ステノプテリギュウス 常設展示はしていないみたいです
inserted by FC2 system